2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

WWF

  • WWF
無料ブログはココログ

« 長所と短所☆ | トップページ | 赤坂からの独り言☆ »

2008年10月 9日 (木)

歴史小説ブーム☆

今日はちょっとマニアックなネタです(笑)

最近、三国志が読みたくて仕方がありません。原因は、映画Red Clif。予告見ちゃったら、映画は見たくなるわ、本は読みたくなるわ、ちょっとプチブームなのです。

三国志は、小学生の時に、子供向けに書かれたものを読んだことがあります。子供向けとはいえ、そもそもが膨大な量の話なので、結構な厚さの本でした。描写とかなんとか、そういうものはすっ飛ばして書かれた、今思えば本としてはくそも面白くない本なのですが、そもそも事実だけで壮大で面白い話なので、幼い私はすごく楽しんで読んでいた覚えがあります。すごい何回も読み返した記憶もあるので、好きだったんだなぁって思う。

なんといっても、私のお気に入りは諸葛亮孔明!すっごい格好良くて、ほれぼれしました。何が格好いいかって、ここに挙げたら、私の男の好みの話に方向転換しそうなので、ここでは省略させていただきます(笑)結局、小学生の頃から私の男の好みは変わってないってことですねー(笑)Red Clifでも、金城武がやってくれるということなので、私の脳内妄想からもそんなにずれはなくていい感じ。もう少し華奢でも良かったけどね。でも、Red clifの周喩がちょっと格好良すぎる気がするんだよなー。私のイメージでは、トニーレオンではちょっと華奢な印象。もうちょっとガタイのいいイメージでした。でも、まぁ金城武が周喩とかじゃおかしいので、まぁトニーレオンでヨカッタのかな。

今日、スーパー行く前に、お天気も良くて気持ちよかったので、少し足を伸ばしてお散歩してみました。そしたら、ちょっと歩くと区民センター発見!そこに図書室発見!!活字中毒の私は狂喜乱舞しました。ペンギンの舞(笑)

で、最近三国志が読みたくて仕方がない私は、もちろん三国志を探しました。とはいえ、あまりに多くの方が書かれているので、どれがいいのかわからない。そういうときは、好きな作家のものを読むに限ると思い、宮城谷昌光さんの三国志を探したのですが、貸し出し中でした。

宮城谷昌光さんの本は、圧倒的に中国の歴史小説が多いのですが、日本語ってこんなに美しいんだっていつもはっとさせられます。言葉遣いが独特で、激動の歴史小説のはずなのに、私の目に情景は静かに流れるんです。うまくいえないけれど、私の心の琴線に触れる小説を書かれる人なんですよね。

彼の小説を初めて読んだのは、中学3年くらいのときの、北海道新聞夕刊の新聞小説でした。途中からだったけど、あまりの面白さと美しさに引き込まれて、毎日楽しみにしてました。母も読んでて2人で楽しみにしてたんです。なので、単行本になったときは、当然母は買ったし、1回新聞で読んでいたにも関わらず、本になってからも何度も繰り返し読みました。「孟嘗君」という本です。その後、文庫で、「重耳」とか「楽毅」とか読んだけど、やっぱり孟嘗君が私の中ではナンバーワンです。

で、私の大好きな文体の宮城谷昌光さんが三国志も書かれてるので、きっと美しい三国志が読めるに違いないと期待したのですが、貸し出し中だったというわけです。あぁ残念。でも、悔しかったので、宮城谷昌光さんの「太公望」借りてきてやりました(笑)ちょっとした歴史小説ブームです(笑)

あぁ、三国志が読みたい…(切実 笑)

« 長所と短所☆ | トップページ | 赤坂からの独り言☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

マイブーム」カテゴリの記事

コメント

こねこちん>
コメントありがとう☆

授業の歴史は面白くないけど、テレビや本とかで見る歴史って結構楽しかったりするよね♪
私もこないだ、三国志だったからそのとき歴史は動いた、見ちゃったよ(笑)

 こんばんは☆こねこです♪

 三国志・・・有名どころの名前はなんとなく分かるんだけど・・・あとは・・・。゜゜(´□`。)°゜。

 ただ、歴史は好きなのでTVとかで歴史ものを放送してるとピタッと止まって見ちゃうんだけどね(笑)。

 最近ではNHKの「その時、歴史は動いた」がお気に入り♪(珍しい?:笑)

 ねこでした。ニャン☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長所と短所☆ | トップページ | 赤坂からの独り言☆ »