2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

WWF

  • WWF
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年4月

2011年4月18日 (月)

ついに…☆

なってしまったらしいのです。
恐れていた花粉症に!

先週、仕事の引き継ぎで、ひどくいっぱいいっぱいな私に、突然それは牙を向いたのでした…

今までも、花粉が多い日は、出勤する電車の中で少しだけ鼻水がでたりとか、なんとなく花粉の量は察知できていたのですが、花粉症とまではいかなかったのです。
職場着いたら鼻水止まってたし。
ところが、水曜日、いつものつもりで、「今日花粉多いなー」と思いながら会社に着いて、少し時間がたっても鼻水がおさまらないではありませんか!
むしろ、どんどん流れ出る一方…
昼休み、箱ティッシュを買いに走り、昼から鼻炎の薬を飲み、少しマシに。
それでも、木曜日も金曜日も、私の鼻水とクシャミはとどまるところを知らず。
鼻炎の薬は、私の薬が効きやすい体質のせいで、2錠飲むと眠くて仕事にならないので、1錠しか飲めないし。
ダンナに、花粉症の検査をしてもらえと言われ続け、土曜日行って来ました。
血液検査の結果が出るのは今週末なのですが、花粉症の薬を出してもらった途端、ぴたりと鼻水が止まりました。
夜寝る前飲む薬と、鼻にシュッて入れる薬だけなのに、ほとんど鼻水が出ないの!
病院の薬ってスゴイ。
鼻炎の薬は、飲まないよりは飲んだ方がラク、くらいだったのに!
でも、ってことは、花粉症ってことですよね…
今の時期ってことはヒノキかしらん。
あーあ。とうとう、花粉症ですよ。
私、体弱いけど、花粉症じゃないってちょっと自慢だったのに(笑)
とうとう花粉症にまで…
ダンナに、病気の総合商社みたいなお前を、神様が花粉症にしないわけがない、みたいなことを言われました(それってひどくない?私は宗男か)
本当に、花粉症の人って大変なんですね。
私は軽い方だと思うけど、重い人とか辛いだろうなぁ。
そして、花粉症って治らないのが嫌だよね!
これから毎年コレと付き合わないといけないと思うと、うんざりします。

新しい仕事は、まぁぼちぼちです。
みんな良い人なので、すぐにできなくても待ってくれます(笑)
力仕事も受付もないのは、とても良いです(笑)
一緒に働いてる、スタッフさんも良い人で良かった。
残業もないし、朝と夜、少し時間が伸びるけど、前よりうちから近いし、頑張ろうって思える感じです。
慣れて、ちゃんと覚えられれば、仕事内容としては結構向いてる仕事なんじゃないかって思います。
うん。そんな感じ。

流石に先週は疲れたけど…
引き継ぎって、いっぺんにいっぱいやるから大変だよね。
さらに、先週は人生初の花粉症にも襲われたし(笑)
なかなかヘビーな一週間でした。

2011年4月 6日 (水)

桜と嬉しいニュース☆

今日は、前の職場で仲良くしてもらってた方々とお昼を食べて来ました。
北海道のお土産、帰ってくる時は荷物送れなくて、渡せてなかったのもあったし。
9人でご飯食べたんだけど、3人は午後からお休みとってくれて、4人で上野公園のお花見に行って来ました。
ちょうど散り始める直前の満開!
天気も晴れて、暖かくて、丁度見頃の桜なんてなかなか見られないので、ラッキーでした。
相変わらず、東京の桜はキレイですねー。
ただ、お花見や桜祭りは自粛してるので、ブルーシートをひいて宴会してる人たちは、例年より少ないみたいでした。
お酒臭くなくて良かったけど(笑)
毎年、1回はどこかしらに桜見に行っていたので、今年も見られて満足です。
この週末、人混み嫌いのダンナをお花見に引っ張り出すこともせずに済みそうです(笑)
休日は、また更に混むからねー。
ちょっとげっそりする感は否めないのよね。

あと、ちょっと嬉しいニュース。
来週からのお仕事が決まりましたー。
他の派遣会社との競合があったかどうかはわからないんだけど、とりあえず良かったです。
ダンナの異動、次も是非東京希望(笑)
地方から東京来たんだから、もう一回くらい東京でもいいと思うの!
なんていうのは、私のワガママかしらん(笑)
決まった部署は、市場次第で忙しくなったり暇になったりするらしく、忙しい時はバタバタピリピリするとか、ただ事務作業してればいいというより周りと連携取ることが大事とか、体育会系だけど大丈夫かとか、事務の内容というよりはそういうことを結構念を押された感じで、私大丈夫かしら…と思いつつも(笑)、頑張らせていただきます!
まぁ、会社なんて大体体育会系だしねぇ。
そうじゃないとこもあるけど、組織化されてるとこは体育会系が多い気がします。
女同士のなんか面倒くさいやつ、昔から適応できなくて友達少ないので(笑)、ダンナも「お前は体育会系の方がいいかもね」って言ってた。
周りとの連携は…
仕事なので、頑張らせていただきます(笑)
ちょっと焦ると眉間に皺寄せてあわあわしちゃうので、それだけ気をつけないとなー。
受付も、忙しい時は結構あわあわしちゃったもんなー…
なんとかならんものか。この、いっぺんに色々言われるといっぱいいっぱいになっちゃう感じ。
誰か、いい方法あったら教えて!
でも、職場見学の先方も、派遣会社の担当の方もいい人そうで良かったです。

それがさー、その職場見学!
前受けた研修でも、今回見学前の打ち合わせでも、私が言うのは今までの職歴と質問くらいなものだったのね。
紹介予定派遣は、派遣で働いた後社員になることもあるから、その時面接あるんだけど、私はあくまで派遣だからさ。
だから、職歴と質問だけ用意して行って、がちがちに緊張しつつ話して。
そしたらさ、派遣先から「自己PRとかありますか?」って変化球が!(笑)
私嘘つけないので、一瞬固まって、「えーと、きかれると思ってなかったので準備してないんですけど」って(困った笑顔で)正直に言ったよー。
担当の人も、「私も面接と違うから、自己PRとかはないって言ってて」ってフォローしてくれて。
そしたら、派遣先の人が、「僕もきくの初めてなんですけど」って言って、「じゃーきかないでー」と思いつつも、なんか場が和んで緊張がほぐれて、ちょこっとだけ自己PRしてきました。
あー焦った。
でも、案内してくれた課長さんも良い人そうだったし、頑張ろうと思います。
とりあえず、何より、そんなへなちょこな挨拶で採用してもらえて良かったです!(笑)

2011年4月 1日 (金)

3.11、とあれから☆

あの地震から3週間、何かブログに言葉を綴ろうにも、何を書いていいのかわかりませんでした。
やっと、少し言葉になりそうなので、記事にしようかと。
それでも、うまく言葉になるか、うまく伝えられるか心配です。
ありきたりな言葉の羅列になるかもしれません。

地震で被災した方に、心からお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方には、深くお悔やみ申し上げます。
そして、救援に向かわれている沢山の方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私には、募金、節電、いつも通りの経済活動でしか復興のお手伝いができないので…
被災地の方々も、救援に行かれた方々も、原発で昼夜を問わず働いてくれている方々も、お身体を壊さないように祈るばかりです。

私は北海道にいて、あまり揺れのない場所にいたので、かつてない揺れを体験しませんでした。
ぞろぞろと歩いて帰る人の行列もこの目で見てはいません。
周りは良かったね、と言ってくれるのだけど、私はちょっと負い目のように感じているところもあって。
戦争に行って生きて帰った人が感じる負い目のような。
まぁ、そこまで重たい思いではないのだけど、東京にいなかったことに申し訳ない気持ちになりました。
ダンナが生きてることは地震直後のメールでわかっていたけど、それから連絡がつかないことにとても不安を感じていました。
こういう時に1人にしてごめんね、とも思ったし。
うちの家族も親戚もみんな北海道で、ほとんど災害にあったことがありません。
有珠山の噴火のときも、被害があったのはおじさんのうちのある方と反対側だったし…
災害があった場所に家族がいるというのは、果てしない恐怖なのだと知りました。
今回の東京程度でこんなに不安なんだったら、東北に家族がいる人たちはどんだけ不安だっただろうって思いました。
状況がわからないから、悪いことばかり考えちゃうしね。
考えても何もできない無力さが悔しかったり。
私にとっての3.11は、申し訳無さと不安に終わりました。

どんどん流れてくる映像は、言い方が悪いのを承知で言うならば、まるで映画のようで。
実際に起こっている出来事とは思えませんでした。
すごくすごく怖かった。
人や物が津波に呑み込まれて行くのを、ただ見ていることしかできないなんて…

私を含めて、日本全国がこんなにも何かをしたくなったことってないんじゃないでしょうか。
地震、津波、原発、全ての被災者に何かできることをしたい。
農家で、出荷できない野菜を作る農家の方々も被災者だと思う。
うちの母親は、影響が体に出る頃はどうせ寿命だし、いくらでも茨城県の野菜食べるって言ってました。
母親の友人たちもみんなそう言ってるって。
色んなニュースがでるたび、なんだか切なくなりますね。

私たちは元気なんだから、経済がだめにならないように、普通の生活しないと。
品物も大分出回って、東京は落ち着きを取り戻していますよね。

話ががらっと変わって、近況について。
3月で今の職場を辞めました。
ちょうど契約更新の時期だったので、ダンナの異動が近いことや、異動先が東京であってももう少し長い時間働きたかったことから、辞めることにしました。
お世話になってた部門は、すごくいい人ばかりで、アルバイトごときのために送別会も開いてくれたり、寄せ書きをくれたり個人的にプレゼントをくれる人がいたり、なんかもう申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ダンナに、お前もう、この先こんなに愛される職場ないんじゃねーの、と言われましたが(笑)
本当に、いい部門でお世話になったなぁって思います。
だって、私、みんなにあんなに良くしてもらえる働きしてないので(笑)、周りが良かったんだよなぁ。
あぁなりたいって人に何人も出会えました。
たくさんいい勉強させてもらえたなぁって思います。受付も含めて(笑)

今、派遣会社に登録していて、今日うまい具合にいいとこを紹介してもらえました。
来週顔合わせに行ってきます。
それで断られたら超ショック(笑)
ダンナの職場のグループ会社です。
異動のこと考えてたらどこにも働きに出れないので、考えないことにしました。
転勤の話も、私がしなくてもきかれたので、ダンナの職業とどうなるか全然わからないって伝えて、それでも話進めてもらえたので良かったです。
昨日、ダンナが、「早く新しい仕事させなきゃ、妄想の世界に入ったり、家で廃人みたいになっちゃう」って心配してたので、すぐ仕事見つかって良かった。
あんまりブランクあけたくないしね。

久しぶりに長々書いちゃった。
では、この辺で。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »